白内障日帰り手術について

白内障は、目の中でカメラのレンズの役割をしている「水晶体」が白く濁ってくる病気で、その大半は加齢によるものです(老人性白内障)。

初期の段階なら、進行を遅らせる点眼治療がありますが、この治療法は進行を遅らせるだけで、霞んでしまった視界を鮮明にできるわけではありません。

白内障による視覚異常は手術以外に改善する方法はありませんので、日常生活や仕事に不自由を感じたら「手術」をお考えください。

白内障のイメージ

白内障の原因

白内障という病気の本体は、水晶体の濁りです。この濁りは、様々な原因で発生しますが、なんと言っても多いのは、加齢です。

その他の原因としては、先天的なもの、外傷、アトピーによるもの、薬剤によるもの、他の目の病気(炎症)に続いて起こるもの、などが挙げられます。

白内障の代表的な症状

下記のような症状が出てきたら、一度、当院までご相談ください。

  • ● 視界が霞んで見える
  • ● 以前に比べて光のまぶしさが増す
  • ● どんなに矯正しても眼鏡が合わない
  • ● 物がぼやけて二重、三重に見える
  • ● 視力が低下してくる

白内障の手術

当院では、白内障の「日帰り手術」を行っております。

手術は、点眼麻酔で行います。手術中、痛みはほとんど無く、意識も鮮明ですので、医師やスタッフの声が聞こえますし、普通に会話もでき、リラックスした状態で手術をお受けいけただけます。

手術は顕微鏡を使用して行います。切開は約2.5mmと非常に小さく、水晶体の濁った中身を超音波で砕いて取り除いた後、人工の眼内レンズを挿入します。手術時間は通常15分程度です。

眼内レンズは、取り出した水晶体に代わってピントを合わせる働きをします。眼内レンズを挿入した後は、異物感は無く、取り外しの必要もありません。一度挿入すれば、半永久的な使用が可能になります。

眼内レンズの種類について

従来、眼内レンズはいわゆる「単焦点眼内レンズ」で、すべての距離にピントが合うのではなく、ある1点にのみピントが合うタイプでした。そのため、ピントが合う距離以外を見たい時は、眼鏡が必要となります。

最近では「多焦点眼内レンズ」というタイプが登場し、遠方と近方の2ヶ所に焦点を有するため、度数がぴたりと合うと、手元から遠くまでがほとんどの場合、メガネ無しで見えるようになりました。近視、遠視、乱視に加え、老視も同時に治すことができるため、眼鏡に頼ることの無い日常生活が送れるようになります。

手術方法は、単焦点の白内障手術と同じですが、多焦点眼内レンズは健康保険適用外になります。ご希望の際は、ご相談ください。

白内障手術の大まかな流れ

STEP1

点眼麻酔後、水晶体を包んでいる袋を切開します。

STEP2

濁った水晶体の中身を超音波で砕いて取り除きます。

STEP3

人工水晶体(眼内レンズ)を折り畳んで挿入します。

STEP4

水晶体の袋の中に透明な眼内レンズが収まります。

※当院は有床のため、術後はベッドでお休みいただけます。

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
 

休診日

 

午後手術

 

午後休診

診療内容

facebookページ