黄斑円孔について

黄斑円孔とは

黄斑円孔は、黄斑部に小さい孔が開く病気です。黄斑部は、網膜の中でも視力にとって特に重要な部分ですので、物が歪んで見えたり(変視症)、視力が下がっていったりします。

眼底検査を行えば、すぐに診断がつきます。

黄斑円孔のイメージ

黄斑円孔の原因

目の中にあるゼリー状の硝子体が、黄斑部の網膜を引っ張ることによって起こります。長い間引っ張られた網膜は、やがて持ち上げられて亀裂が入り、孔になります。高齢者に多い病気ですが、眼の打撲などにより、若い人にも起こるケースがあります。

黄斑円孔の治療

硝子体手術で原因となった硝子体*を切除し、目の中にガスを注入し、円孔を閉鎖させます。術後、患者様には数日間にわたって「うつ伏せ姿勢」をとっていただきます。最近では、手術をすれば、ほとんどの黄斑円孔は閉鎖するようになっています。

※硝子体:水晶体より奥にある眼球の大半を占める、卵白にも似た透明な組織で、眼球の形状を保ち、中に入る光を屈折させる役目をしています。

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
 

休診日

 

午後手術

 

午後休診

診療内容

facebookページ