網膜前膜について

網膜前膜とは

網膜前膜とは、網膜の黄斑部に薄い膜が張る病気で、黄斑前膜とも呼ばれます。

初期のうちは無症状ですが、進行すると膜の収縮により網膜がむくんだり、膜が厚くなって収縮してしわができることによって視力が下がったり、ピントが合わない、物が歪んで見える、などの症状が現れてきます。

視力検査や眼底検査、蛍光眼底造影などの検査を行って診断をつけます。

網膜前膜のイメージ

網膜前膜の原因

加齢とともに目の中にあるゼリー状の硝子体が網膜から離れていきますが、網膜の表面に残った硝子体に細胞が増殖して薄い膜が形成されることによって起こります。目のけがや網膜剥離の手術、他の網膜の病気によって生じることもあります。

網膜前膜の治療

硝子体手術で黄斑前膜を除去します。手術の時期としては、物が歪んで見えたり、視力に影響が出て来たりした頃が良いと思われます。多くは視力が改善しますが、改善の程度は病状によって大きな差が生じます。歪みの感覚も軽くなりますが、完全には無くなりません。発症してから時間が経過したものは、治りにくいようです。

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
 

休診日

 

午後手術

 

午後休診

診療内容

facebookページ