視能訓練士について

当院には、視能訓練士が常駐しています。

視能訓練士とは

「視能訓練士法」に基づく国家資格をもった医療技術者で、眼科で医師の指示のもとに視能検査を行ったり、斜視や弱視の訓練治療に携わったりしています。

視機能が十分でない方に、ロービジョンケア(現在の眼の機能を最大限に活用するような支援)を行い、また必要な補助具を選定し、その使い方を指導します。

視能訓練士のイメージ

視能訓練士の主な仕事

赤ちゃんからお年寄りまで、世代を超えて、大切な目の健康を守るのが視能訓練士の仕事です。視能訓練と視能矯正の専門家であり、主に下記の4つの業務を行っています。

眼科一般検査

遠視、近視、乱視といった「屈折異常」に関する検査、白内障や緑内障などの「眼疾患」に関する検査、「眼鏡やコンタクトレンズ」の処方に関する検査などを行います。具体的には、視力検査、屈折検査、眼圧検査、視野検査、眼底・前眼部の写真撮影および解析、角膜形状検査、電気生理検査、超音波検査などが挙げられます。

視能矯正

両眼に視機能異常を持つ斜視や弱視の患者様に対して、両眼視機能を回復させるための視能訓練、およびこれに必要とされる検査を行います。具体的には、両眼視能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査などが挙げられます。

健(検)診業務

3歳児健康診査、就学時健康診査、生活習慣病予防健診などの健(検)診にも携わっています。

リハビリ指導

超高齢化社会の到来、生活習慣病の蔓延などに伴い、視機能が十分に回復しない方が増えています。そのような方に対して、早期にロービジョンケアを開始し、必要な補助具を選定し、その使い方を指導します。視機能が十分でない方に、ロービジョンケア(現在の眼の機能を最大限に活用するような支援)を行い、また必要な補助具を選定し、その使い方を指導します。

診療カレンダー

11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
 

休診日

 

午後手術

 

午後休診

診療内容

facebookページ